「メテオバスター」制作の下準備

ではここから2Dシューティングゲーム「メテオバスター」の作り方を説明していきます。まずは新しいプロジェクトを作ったり、必要なアセットをインポートしたりしていきましょう。

スポンサーリンク

新しい2Dプロジェクトの作成

はじめにUnity Hubから新しい2Dプロジェクトを作成します。プロジェクトの作り方は「悪路王2020」のときと全く同じなので、やり方が分からない方はそちらのページをご覧ください。

ビルド形式の変更

プロジェクトの作成が完了したら、まっさきにビルド形式を変更しておきます。こちらもやり方は「悪路王2020」のときと同じなのでここでは割愛させていただきます。

必要な素材のインポート

そうしたら必要な素材をインポートしていきます。今回必要になる素材は次の2つです。

  1. メテオバスター用画像素材
  2. 日本語フォント

※ちなみに今回はシンプルなゲームなので、他のチュートリアルで使っている「くろくま基本アセット」は使いません。

メテオバスター用画像素材

まず、今回のゲーム用の画像素材を無料配布するので、下記URLからダウンロードしてインポートしてください。

メテオバスター用素材 ダウンロード先(Googleドライブ)

※リンク先ページ右上のダウンロードボタンをクリックするとダウンロードが始まります。

インポート方法ですが、Unityエディタを開いた状態でダウンロードしたunitypackageファイルをダブルクリックし、出てきたアセットを全部インポートすればOKです。

日本語フォント

次にゲームに埋め込んでもOKな日本語フォントをインポートしましょう(※注1)。ここでは「M+」という自由に使えるフォントを使わせていただきます。

ダウンロードして解凍(※注2)するとたくさんのフォントファイルがありますが、その中から「mplus-1p-bold」というファイルを選んで、プロジェクトの適当なフォルダ(新しく「Fonts」フォルダを作ると良いでしょう)にドラッグ&ドロップしてください。


※注1:プラットフォームがWebGLの場合、日本語フォントを導入しないとビルド後の実際のゲームで日本語が表示されなくなってしまいます。意外な落とし穴なので気をつけましょう。

※注2:圧縮形式がちょっと特殊なので、Windowsの標準機能だと解凍できないと思います。「Explzh」等の無料ソフトをインストールしておきましょう。

タグ、ソーティングレイヤー、レイヤーの設定

次にプロジェクト設定で今後必要になるタグやソーティングレイヤー、レイヤーを設定しておきます。

メニューバー→「編集」→「プロジェクト設定」からプロジェクト設定ウィンドウを開き、「Tags and Layers」タブから下の図のように設定を行ってください。

タグ、ソーティングレイヤー、レイヤーの設定例

2D物理演算の設定

最後に、これまた今後必要になる2D物理演算の当たり判定の設定を行います。プロジェクト設定ウィンドウの「2D物理」タブにある「Layer Collision Matrix」を下の図のように設定しましょう。

当たり判定の設定

これで今回のゲーム制作に必要な下準備がひととおりできました。


次のページ→シューティングゲームの自機の作り方