雨を降らせる

さて、前回まででだいぶホラーゲームっぽい雰囲気が出てきましたが、さらにそれっぽくするために雨を降らせてみましょう。今回もアセットを導入するだけなので簡単に実現できます。

「Rain Maker」のインポート

アセットストアに「Rain Maker」という雨を手軽に表現できる無料アセットがあるので、今回はそれを使います。メニューの「Window」→「Asset Store」を開いたら、このアセットを検索してダウンロードし、プロジェクトにインポートしてください。

雨のプレハブの追加と設定

そうしたら「Rain Maker」というフォルダができると思うので、その中の「Prefab」→「RainPrefab」をヒエラルキーにドラッグ&ドロップしてください。

これで雨を降らせることができますが、最後に設定を行います。そのままだと雨が強すぎて邪魔なのと、音がうるさいので「Rain Intensity」(雨の強さ)を「0.3」くらい、「Wind Sound Volume」を「0.2」くらいにしてください。

Rain Makerの設定

テストプレイして雨が降れば成功です!

次のページ→NavMeshを使って「追いかけてくる敵キャラ」を作る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。