「悪路王」制作の下準備

「悪路王」はこの講座で最初に作り方を解説するゲームなので、今回はゲームを作るための下準備から説明します。

プロジェクトの作成

はじめに空のプロジェクトを作成します(プロジェクトというのはゲーム作りに必要なファイルの集合体みたいなものです)。Unityを開いたら、メニューバーの「File」→「New Project」を選択してください。すると下の画像のようなウィンドウが開くので、必要事項を設定します。

Unityプロジェクトの作成

  • Project Name:プロジェクト名。適当に名前をつけてください。
  • Location:保存場所。入力欄右の「…」をクリックし、適当なフォルダを選択してください。
  • Template:プロジェクトのテンプレート。今回作るのは2Dゲームなので、「2D」にしてください。

これでCreate Projectボタンをクリックすると空のプロジェクトが作成されます。

フォルダの作成

次に、今後必要になるフォルダをプロジェクトの中に作ります。ゲームではたくさんのファイルを扱うことになるので、あらかじめファイルの種類ごとにフォルダを作っておいたほうが「あのファイルはどこだっけ?」となるのを防ぐことができて便利です。

さて、プロジェクトを作るとProjectタブのなかにAssetsフォルダがあると思いますが、その中に以下のフォルダを作ってください(「Assets」の上で右クリック→「Create」→「Folder」)。

  • Animations
  • Audio
  • Fonts
  • Materials
  • Physics Materials
  • Prefabs
  • Resources
  • Scenes
  • Scripts
  • Sprites

全部作り終えると下の画像のようになります。

Unityでのフォルダの作成

上記フォルダの中には今回使わないものも含まれますが、一般的にUnityではこれらのフォルダを作るということを覚えておいてください。なお、フォルダ名が間違っていると正しく動作しなくなるものもあるので注意しましょう(特にResources等)。

素材ファイルの準備

次にゲームに使う素材ファイルを準備します。画像ファイルを配布しますので、下記リンクからダウンロードしてください。

「悪路王」用素材をダウンロード

※Googleドライブに飛びます。右上のダウンロードマークをクリックしてください。
※素材は利用規約の範囲内でご利用ください。

素材をダウンロードしたら、解凍してフォルダの中身(PSDファイル)を選択し、「Sprites」フォルダの中にドラッグ&ドロップしてください。

フォントのダウンロード

最後にゲームに必要なフォントをダウンロードします。FontsGeekというサイトから「Audimat Mono Bold」というフォントをダウンロードし、解凍して「Fonts」フォルダの中に入れてください。

これでゲームの作成に必要な下準備ができました。

次のページ→スプライトを設定する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。